全身脱毛の施術の流れをご紹介します

安い,激安

最近全身脱毛が人気を集めています。

その中でも医療機関で行うことができるレーザーの全身脱毛は永久脱毛にすることも可能なため人気があります。

レーザーの全身脱毛は、黒いものに反応するレーザーを使用します。

それを使うことで毛の毛根に多く含まれる黒いメラニン色素に反応させ、その時発生する熱で毛を再生する組織である根毛全体に影響を与え破壊することにより毛は生えてこなくなる流れになります。

レーザー照射では、毛を剃った状態で行うのが一般的です。

施術を受ける前に可能な範囲を自分で剃って行きます。

そして施術前は剃り残しがないかを再度確認したうえで照射をしてもらえるので安心です。

熱を吸収した毛根のメラニン色素はレーザーに反応して熱を放出します。

その放出された熱によって毛根組織が破壊されます。

そのことで毛の再生ができなくなり脱毛効果が出てくるのです。

毛根が破壊されると、毛は自然に抜け落ちていくので無理に抜いたりする必要はありません。

また脱毛用のレーザーは黒い毛のみに反応するため、皮膚やその他周辺細胞を傷つけることがなく安全に脱毛をすることができます。

次に脱毛を施術する流れを一通りご紹介します。

まず施術用の着衣に着替えます。

そしてベッドに横になり、照射部位の肌チェックをしてもらいます。

それから肌の乾燥や傷やあざなど、施術に影響がないかをしっかり丁寧に確認していきます。

傷やあざなどは避けてレーザーを照射する必要があり、その事について説明を受け、納得した上で施術を始めます。

照射漏れを防ぐため、ブロック状にラインを引かれます。

水性のペンなどを使用する事が多く、施術後は拭き取れラインの跡が残らないので安心です。

そして照射前に毛の剃り残しがないかしっかり確認し、自分で剃れないところは電気シェーバーで剃毛してもらいます。

そして医師の指示による出力の範囲内で、2段階のレベル設定して2、3ショットずつテスト照射をする場合が多いです。

これにより、痛みや赤みや腫れがないかを確認します。

そしてテスト照射した部位を医師による問診により確認してもらい、照射する出力のレベル設定が決まります。

そして実際にレーザー照射がスタートします。

毛が多く密集しているところや、皮膚の薄いところは痛みを感じやすいため、確認してもらいながら照射を進めるので安心です。

施術直後は赤みや腫れが見受けられる方もいるので、 アイスノンなどでで10分程度冷やし炎症を抑える薬を塗ってもらいすべての施術が終わります。

始めに脱毛の流れを知っておくと安心して受けることができると思います。

>>全身脱毛人気ランキング

NO1 脱毛ラボ

NO2 C3シースリー

NO3 キレイモ

脱毛ラボ

月額で全身脱毛が低価格に!

C3シースリー

全身脱毛が1回・短時間でできる

キレイモ

スリムになりつつ脱毛もできる!

一緒におすすめ

更新履歴